【FX】7/16 豪ドル円は反発するも戻り売りの方針

今の順位は?ブログランキングの投票ボタンはこちら↓
 にほんブログ村 為替ブログへ

こんにちは。Jです。

先ほど日銀会合の結果が発表されましたが、市場予想通り現状維持。ドル円は東京市場開始から買い戻され再び110円台を回復してきましたね。

また、通貨ペアの中では豪ドル円が昨日安値(81.42)から反発。7/8安値(81.31)付近の水準で下げ止まった格好となり、テクニカル面では200日移動平均線の水準となりますね。

そのため、いったんは下げ止まりとなる可能性もありますが、長期のトレンドは先月の下げから下向きに変化していますので、トレードは売り目線で対応。今後、反発が続いたとしても戻りの機会と期待し、売りポジションを取っていきたいと考えています。

【豪ドル円 日足チャート】

もちろん、現在の価格から再び下落が顕著となり、200日移動平均線を下抜ける可能性もありますが、その場合も戻りを待って売りを行う予定。仮に想定したポイントに到達しなければ、トレードをしない(ポジションを取らない)というだけ。トレードをしないという選択もトレードの一つです。

トレンドは上げ下げを繰り返しながら形成されていきますが、昨日のポンドのように急に値を飛ばして戻るケースもあります。そういった様々な値動きが起こり得るのが相場なので、引き続き、決めたポイントでトレードを行っていきたいと考えています。

一つの見方として参考になれば幸いです。

それでは、本日もよろしくお願い致します。

無料メールマガジンの登録

注目通貨ペアやトレードポイントを配信。
また、メルマガ限定の記事も閲覧できるようになります(パスワードを送信致します)
さらに、ドル円の長期分析レポートを配信中(8月8日版)
少しでも参考になれば幸いです。

※メールが受信できない場合はこちらをご確認下さい。

This entry was posted in 相場解説, 豪ドル/円 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください