【FX】5/13 米指標をきっかけにドル買い。ドル円は買いか?

今の順位は?ブログランキングの投票ボタンはこちら↓
 にほんブログ村 為替ブログへ

おはようございます。Jです。

昨日は米消費者物価指数が予想0.2%に対して結果は0.8%と予想を大幅に上回りドル買いに。ドル円は108円後半の水準から109円後半まで急騰し、再び強い動きとなってきました。

本日東京市場では一時109.78まで上値を伸ばし、5/3高値(109.69)を更新していますが、10時45分時点では上値が重く戻されていますね。

そのため、現時点ではまだ買いポジションを取りませんが、本日もドル買いや円売りで続伸するようであれば、買い注文を発注したいと考えています。

【ドル円 日足チャート】

ただし、注意したいのは株価の下落。昨日の米消費者物価指数の上振れから早期の金融緩和縮小が懸念され米10年債利回りが1.7%付近まで上昇。

米金利の上昇はドルにとっては買い材料ですが、株価にとっては売り材料。NYダウ平均株価は681ドルの下落となっており、日経平均株価は10時45分時点で500円以上の下落。

こうした株価の下落に伴う円買いがドル円の上値を抑えたり、下げに転じさせる可能性もありますので、値動き次第では買いを見送る、売りに転じるなど対応も必要でしょう。

あとは、今後の値動きを確認しながら判断致しますので、また、何か目立った変化などございましたら改めて解説させて頂きます。

一つの見方として参考になれば幸いです。

それでは、本日もよろしくお願い致します。

無料メールマガジンの登録

注目通貨ペアやトレードポイントを配信。
また、メルマガ限定の記事も閲覧できるようになります(パスワードを送信致します)
さらに、ドル円の長期分析レポートを配信中(4月4日版)
少しでも参考になれば幸いです。

※メールが受信できない場合はこちらをご確認下さい。

Posted in 相場解説, ドル/円 | Tagged , , | Leave a comment

【FX】5/12 ユーロドルは買いか?トレンドの変化にも注意

今の順位は?ブログランキングの投票ボタンはこちら↓
 にほんブログ村 為替ブログへ

おはようございます。Jです。

昨日はドル売りや円高によってドル円は一時108.34まで下げましたがNY市場にかけて上昇。本日11時時点では前日の下げ幅を戻しており、底堅い値動きとなっていますね。

また、米雇用統計の発表をきっかけに上値を伸ばしたユーロドルも底堅く高止まり。

今週は持ち合いとなっていますが1.21台を維持しており、3月末以降のトレンドは継続していますので、もう一上げして5/11高値(1.2185)を切り上げるようであれば、買い注文を発注したいと考えています。

【ユーロドル 日足チャート】

もちろん、今後ドルが買われるなど様々な要因によって下げに転じる可能性もありますので注意。特に、下げ続けた場合は4月以降のフォーメーションがWトップとなります。

ネックラインや移動平均線の割り込みなど、トレンドが悪化するようであれば売りに転じるなど、今後の値動き次第で見方を切り替える必要もあるでしょう。

また、何か目立った変化などございましたら改めて解説させて頂きますので、一つの見方として参考になれば幸いです。

それでは、本日もよろしくお願い致します。

無料メールマガジンの登録

注目通貨ペアやトレードポイントを配信。
また、メルマガ限定の記事も閲覧できるようになります(パスワードを送信致します)
さらに、ドル円の長期分析レポートを配信中(4月4日版)
少しでも参考になれば幸いです。

※メールが受信できない場合はこちらをご確認下さい。

Posted in 相場解説, ユーロ/ドル | Tagged , , | Leave a comment

【FX】5/11 ポンドが続伸。買い目線

今の順位は?ブログランキングの投票ボタンはこちら↓
 にほんブログ村 為替ブログへ

おはようございます。Jです。

昨日の相場はポンドの買いが目立ちましたね。

スコットランド議会選挙の結果を受けて英国からの独立を巡る住民投票を早期に実施する可能性が後退。また、新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでおり、成人の2/3に当たる3,500万人が1回目の接種を終了。

ロックダウンが5/17より解除され、映画館やレストランなどの営業も再開となりますので、早期経済回復の期待がポンド買いを後押ししている格好です。

また、ポンド相場のトレンドにつきましても、4月以降は152円付近にかけて何度も戻されていましたが、昨日の上昇で上抜け。

4/6高値(153.41)も切り上げトレンドが再び上向きに変化してきましたのでトレードは買い目線。今後、反落局面では押し目買いを行っていく予定です。

【ポンド円 日足チャート】

ただし、ポンドに買い材料があったとしても、相場の値動きは様々な要因が影響して動きますので注意。

特に、昨日の株式市場ではダウ平均株価が35,000ドルの節目に到達してから反落。上げ幅が戻され日足で上ヒゲ陰線を形成しており、天井圏で上昇一服のシグナルが点灯しましたので、調整の継続に警戒したい局面です。(株価の下落は円高要因になりやすい)

【ダウ平均株価 日足チャート】

また、ポンドは他通貨と比較して値動きの変動が大きく、大きく上昇(下落)したという事は、その逆の動きもありえるという事でもあります。

そのため、今後の値動き次第では見方を切り替える必要も出てきますが、何か目立った変化などございましたら改めて解説させて頂きます。

一つの見方として参考になれば幸いです。それでは、本日もよろしくお願い致します。

無料メールマガジンの登録

注目通貨ペアやトレードポイントを配信。
また、メルマガ限定の記事も閲覧できるようになります(パスワードを送信致します)
さらに、ドル円の長期分析レポートを配信中(4月4日版)
少しでも参考になれば幸いです。

※メールが受信できない場合はこちらをご確認下さい。

Posted in 相場解説, ポンド/円 | Tagged , , | Leave a comment

【FX】5/10 米雇用統計悪化でドル円売り目線

今の順位は?ブログランキングの投票ボタンはこちら↓
 にほんブログ村 為替ブログへ

おはようございます。Jです。

7日に発表された米雇用統計は予想(97.8万人)に対して結果は26.6万人と予想を大幅に下回り、失業率も予想(5.8%)に対して結果は6.1%と悪化。この結果を受けて相場はドル売りとなりドル円は109.20付近から急落。一時108.33まで下げるなど1円近くの変動幅となりましたね。

また、この下げによってこれまで支持されていた109円のサポートを下抜け。目先のトレンドは下向きへと傾いてきましたので、トレードは売り目線で注目。

11時30分現在、東京市場では円安によって反発していますが、一定水準では戻り売りを行っていく予定です。(すでに売り注文は発注済)

【ドル円 日足チャート】

もちろん、このまま円売りが継続して米雇用統計後の下げ幅を全戻し。トレンドが回復する可能性もありますので、値動き次第では売り買いの見方を切り替える必要もあるでしょう。

そのため、また値動きやトレンドに目立った変化などございましたら改めて解説させて頂きますので、一つの見方として参考になれば幸いです。

それでは、本日もよろしくお願い致します。

無料メールマガジンの登録

注目通貨ペアやトレードポイントを配信。
また、メルマガ限定の記事も閲覧できるようになります(パスワードを送信致します)
さらに、ドル円の長期分析レポートを配信中(4月4日版)
少しでも参考になれば幸いです。

※メールが受信できない場合はこちらをご確認下さい。

Posted in 相場解説, ドル/円 | Tagged , , , | Leave a comment

5/8 今年はセルインメイか?過去相場の傾向

今の順位は?ブログランキングの投票ボタンはこちら↓
 にほんブログ村 為替ブログへ

こんにちは。Jです。

先日、セルインメイについて触れましたが、言葉の通り「5月に売れ」という相場の格言。また、5月頃を境目として株価が下落傾向になりやすいというアノマリーですが、今年は下落するのか?
(株価が下落するという事は為替市場は円高に振れやすくなります)

過去の相場を確認していきましょう。

まずは由来となっている米国株式市場から。NYダウ平均株価の月足チャートで2010年の値動きを確認すると

【ダウ平均株価 月足チャート 2010年~

2010年 下落
2011年 下落
2012年 下落
2013年 上昇
2014年 上昇
2015年 上昇
2016年 上昇
2017年 上昇
2018年 上昇
2019年 下落
2020年 上昇
2021年 上昇中

このように、2010年~2020年の期間におきまして5月の値動きは上昇7回下落4回となっており、上昇している年が多い事が分かります。また、5月以降の動きにつきましても毎年目立って下落傾向が続いたという点も見られません。

では次に、日経平均株価の月足から2011年以降の値動きを確認してみましょう。

【日経平均株価 月足チャート 2010年~】

2010年 下落
2011年 下落
2012年 下落
2013年 下落
2014年 上昇
2015年 上昇
2016年 上昇
2017年 上昇
2018年 下落
2019年 下落
2020年 上昇
2021年 上昇中

2010年~2020年の期間におきまして5月の値動きは上昇5回下落6回となっており下落回数が多いもののほぼどちらも同じ回数となっています。

では、為替市場はどうでしょうか?ドル円の月足チャートから2010年以降の5月相場を確認してみましょう。

【ドル円 月足チャート 2010年~】

2010年 下落
2011年 上昇
2012年 下落
2013年 上昇
2014年 下落
2015年 上昇
2016年 上昇
2017年 下落
2018年 下落
2019年 下落
2020年 上昇
2021年 下落中

2010年~2020年の期間におきまして5月の値動きは上昇5回下落6回となっており、日経平均株価と同様となっていますが、注目したいのは5月以降の値動き。

ドル円は2018年を除き、5月以降から数ヶ月にかけて上値が重く下落傾向にある事が分かります。今年も5/8時点では月足が陰線を形成中ですが、5月単月の値動きだけでなく、その後数ヶ月に渡って下げる可能性があるかもしれないと注意しておく必要があります。

もちろん、相場に絶対はありませんので、2018年のように上昇となる可能性もありますが、そういった傾向があるという事を頭に入れておくだけでも相場に対する見方は変わってくるでしょう。

また、トレンドの変化は日々の値動きやテクニカルの変化などからも想定していくとより対応しやすくなってきますので、目先の動向につきましては平日のメールマガジンにて解説させて頂きます。

併せてご参考頂けますと幸いです。
それでは、引き続き今後ともよろしくお願い致します。

無料メールマガジンの登録

注目通貨ペアやトレードポイントを配信。
また、メルマガ限定の記事も閲覧できるようになります(パスワードを送信致します)
さらに、ドル円の長期分析レポートを配信中(4月4日版)
少しでも参考になれば幸いです。

※メールが受信できない場合はこちらをご確認下さい。

Posted in 相場解説, ドル/円 | Tagged , , , , | Leave a comment