【FX】7/14 ドル高でユーロドル下落。フォーメーションに注目

今の順位は?ブログランキングの投票ボタンはこちら↓
 にほんブログ村 為替ブログへ

こんにちは。Jです。

昨日は米指標(消費者物価指数)が予想0.5%に対して結果0.9%と大幅に上回る結果となりドルが買われる展開に。ドル円は110円後半に上値を伸ばす結果となりましたね。

先日からコメントさせて頂いている通り買いポジションは保有中ですが、ドル円が上昇する一方で下落しているのはドルストレート。

ユーロドルは再び1.18を割り込み7/7安値(1.1781)を切り下げ。テクニカル面では価格が各移動平均線を下抜けるなど、トレンドは弱い状態となっていますね。

しかし、昨年秋以降のトレンドに注目すると大きなWトップを形成中。目先には3/31安値(1.1703)の存在があり、ここからはネックラインの水準における攻防に注目したい局面なので売りは控える方針。

今後売りを行う場合は、3/31安値(1.1703)をしっかり切り下げてから行いたいと考えています。

【日足チャート】

もちろん、今の価格から反発に転じる可能性もありますので、その場合は様子見を継続。また、安値を割り込んでも少し引っ掛けて反発に転じる事もあるでしょう。ダマシの動きにも併せて注意が必要です。

そのため、価格の値動きだけで飛び乗ったりするのではなく、ある程度の時間の経過やタイミングなど考慮しながら売り買いを判断していきたいと考えています。

また、今後何か目立った変化などございましたら改めて解説させて頂きますので、一つの見方として参考になれば幸いです。

それでは、本日もよろしくお願い致します。

無料メールマガジンの登録

注目通貨ペアやトレードポイントを配信。
また、メルマガ限定の記事も閲覧できるようになります(パスワードを送信致します)
さらに、ドル円の長期分析レポートを配信中(8月8日版)
少しでも参考になれば幸いです。

※メールが受信できない場合はこちらをご確認下さい。

This entry was posted in 相場解説, ユーロ/ドル and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください