【FX】6/9 膠着状態の豪ドル。トレードは様子見

今の順位は?ブログランキングの投票ボタンはこちら↓
 にほんブログ村 為替ブログへ

こんにちは。Jです。

昨日は全体的に現敵的な値動きとなり、ドル円は109円前半を中心に方向感なく上下。109.50付近で上値を抑えられているものの、109.20~30台ではサポートされていますので、上値が重く下値も堅い環境となっていますね。

また、他通貨も目立った動きがなく通貨の中では豪ドル円が膠着状態。今週の相場では終値の価格がほぼ同値となっており、変動も上下10~20pips程度。トレンドも高値圏で持ち合いが続いていますので、トレードは様子見を継続。

買いは5/10高値(85.79)を切り上げるまで控えたいと考えています。

【豪ドル円 日足チャート】

また、豪ドル米ドルに関しましては、ドルの動向によって上下する場面があるものの、基本的には値動きが少なく方向感も見られない環境。

豪ドル円と同様に横ばいの動きが続いていますので、5/10高値(0.7890)を切り上げるか?4/1安値(0.7531)を切り下げるか? トレンドの変化を確認してから順張りのトレードを検討したいと考えています。

【豪ドル米ドル 日足チャート】

このように、豪ドルは値動きがなく”待つのも相場”状態となっていますが、今後何か動きが出たりトレンドに変化が現れた際には、改めて解説させて頂きます。

一つの見方として参考になれば幸いです。

それでは、本日もよろしくお願い致します。

無料メールマガジンの登録

注目通貨ペアやトレードポイントを配信。
また、メルマガ限定の記事も閲覧できるようになります(パスワードを送信致します)
さらに、ドル円の長期分析レポートを配信中(4月4日版)
少しでも参考になれば幸いです。

※メールが受信できない場合はこちらをご確認下さい。

This entry was posted in 相場解説, 豪ドル/円, 豪ドル米ドル and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください