【FX】8/2 RBA利上げで豪ドル売り。トレンド変化とトレードポイント

今の順位は?ブログランキングの投票ボタンはこちら↓
 にほんブログ村 為替ブログへ

こんにちは。Jです。

相場は円買いが止まらない状態。ドル円はさらに安値を更新して130円台に反落。反発も弱く130円の節目が見えてきました。

「落ちてくるナイフは掴むな」という相場の格言がある通り、こういった場面で逆張りは危険です。

下げ止まって安値圏で持ち合いを形成して上向きに転じたり、急上昇して日足で下ヒゲを形成するなど、ある程度ナイフが床に刺さったと期待できる局面になってから買いを検討したいと考えています。

さて、本日は先ほど13時30分にRBA政策金利の発表があり、結果は市場予想通り0.5%の利上げを実施。利上げ幅は想定内でセルザファクト(事実売り)となり豪ドルは売り優勢に。

豪ドル円は6月以降からWトップのチャートパターンを形成しましたが、本日の下げでネックラインを下抜けてきました。

【豪ドル円 日足チャート】

では、今後は売りなのか?続きはメルマガにてコメント致しましたので、一つの見方として参考になれば幸いです。

それでは、本日もよろしくお願い致します。

無料メールマガジンの登録

注目通貨ペアやトレードポイントを配信。
また、メルマガ限定の記事も閲覧できるようになります(パスワードを送信致します)
さらに、ドル円の長期分析レポートを配信中(4月10日版)
少しでも参考になれば幸いです。

※メールが受信できない場合はこちらをご確認下さい。

This entry was posted in 相場解説, 豪ドル/円 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください