【FX】6/16 FOMCでドル円のトレンド変化に注意

今の順位は?ブログランキングの投票ボタンはこちら↓
 にほんブログ村 為替ブログへ

おはようございます。Jです。

昨日は全体的に限定的な値動きとなっており、ドル円は110円付近で持ち合いに。東京市場でも目立った動きは見られませんね。本日はFOMCのイベントを控えていますので様子見相場となっていますが、FOMCをきっかけに上下どちらかに動く可能性がありますので注意。

特に、ドル円は5月末から110円前半の水準で2度戻されていますが、今回も戻された場合は三尊天井を形成。109円前半がネックラインとなりますので、下げ転換に注意したい環境となってきます。

【ドル円 4時間足チャート】

逆に、ドル買いとなって上昇して6/4高値(110.33)を切り上げた場合は上昇トレンドが継続。買いやすい環境が続きますので、買い注文を発注したいと考えています。

【ドル円 4時間足チャート】

また、上下に振れて限定的な動きとなる場合もありますので、実際の値動きは蓋を開けてみなければ分かりませんが、どちらに振れてもトレンドに変化があるのか?値動きを確認してからトレード判断したいと考えています。

また、目立った動きがございましたら明日のメルマガにて解説させて頂きますので、一つの見方として参考になれば幸いです。

それでは、本日もよろしくお願い致します。

無料メールマガジンの登録

注目通貨ペアやトレードポイントを配信。
また、メルマガ限定の記事も閲覧できるようになります(パスワードを送信致します)
さらに、ドル円の長期分析レポートを配信中(4月4日版)
少しでも参考になれば幸いです。

※メールが受信できない場合はこちらをご確認下さい。

This entry was posted in 相場解説, ドル/円 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください