【FX】5/11 ポンドが続伸。買い目線

今の順位は?ブログランキングの投票ボタンはこちら↓
 にほんブログ村 為替ブログへ

おはようございます。Jです。

昨日の相場はポンドの買いが目立ちましたね。

スコットランド議会選挙の結果を受けて英国からの独立を巡る住民投票を早期に実施する可能性が後退。また、新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでおり、成人の2/3に当たる3,500万人が1回目の接種を終了。

ロックダウンが5/17より解除され、映画館やレストランなどの営業も再開となりますので、早期経済回復の期待がポンド買いを後押ししている格好です。

また、ポンド相場のトレンドにつきましても、4月以降は152円付近にかけて何度も戻されていましたが、昨日の上昇で上抜け。

4/6高値(153.41)も切り上げトレンドが再び上向きに変化してきましたのでトレードは買い目線。今後、反落局面では押し目買いを行っていく予定です。

【ポンド円 日足チャート】

ただし、ポンドに買い材料があったとしても、相場の値動きは様々な要因が影響して動きますので注意。

特に、昨日の株式市場ではダウ平均株価が35,000ドルの節目に到達してから反落。上げ幅が戻され日足で上ヒゲ陰線を形成しており、天井圏で上昇一服のシグナルが点灯しましたので、調整の継続に警戒したい局面です。(株価の下落は円高要因になりやすい)

【ダウ平均株価 日足チャート】

また、ポンドは他通貨と比較して値動きの変動が大きく、大きく上昇(下落)したという事は、その逆の動きもありえるという事でもあります。

そのため、今後の値動き次第では見方を切り替える必要も出てきますが、何か目立った変化などございましたら改めて解説させて頂きます。

一つの見方として参考になれば幸いです。それでは、本日もよろしくお願い致します。

無料メールマガジンの登録

注目通貨ペアやトレードポイントを配信。
また、メルマガ限定の記事も閲覧できるようになります(パスワードを送信致します)
さらに、ドル円の長期分析レポートを配信中(8月8日版)
少しでも参考になれば幸いです。

※メールが受信できない場合はこちらをご確認下さい。

This entry was posted in 相場解説, ポンド/円 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください