【FX】5/4 指標悪化でドル売り。ユーロ円も買い目線。

今の順位は?ブログランキングの投票ボタンはこちら↓
 にほんブログ村 為替ブログへ

おはようございます。Jです。

昨日はISM製造業景況指数など米指標が予想より悪くドル売りに。

ドル円は日中の上げ幅が全戻しとなり109円の節目を割り込み。一時108.89まで反落しましたが、本日東京市場では再び109円台を回復してきましたね。

ドル円の見方につきましては昨日解説させて頂いた通りですが、クロス円はどうか?

ユーロ円も昨日の相場で一時132円台まで上値を伸ばすもNY市場にかけて上げ幅がほぼ戻され日足で上ヒゲを形成。上げ続けているからと言って安易に飛び乗るとこういった戻りに巻き込まれる可能性(リスク)がありますので、注意しなければなりません。

ただ、長期のトレンドは上。

昨日の戻りも長期で見た場合は調整の範囲内に過ぎませんので、トレードは買い目線で注目。もう一下げした際には押し目買いを行いたいと考えています。

【ユーロ円 日足チャート】

ただし、昨日もコメントさせて頂いた通り、5月はセルインメイ。NYダウなど株価指数が下がり為替相場も円高に振れるなどトレンドが一変する可能性も頭に入れておく必要があります。

また、新型コロナウイルスの変異株が猛威を振るっており、感染拡大やワクチン接種など、状況次第では値動きに影響も出てきますので報道などにも注意が必要です。

いずれに致しましても、何か目立った変化などございましたら改めて解説させて頂きますので、一つの見方として参考になれば幸いです。

それでは、本日もよろしくお願い致します。

無料メールマガジンの登録

注目通貨ペアやトレードポイントを配信。
また、メルマガ限定の記事も閲覧できるようになります(パスワードを送信致します)
さらに、ドル円の長期分析レポートを配信中(4月4日版)
少しでも参考になれば幸いです。

※メールが受信できない場合はこちらをご確認下さい。

This entry was posted in 相場解説, ユーロ/円 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください