後付けで利益をイメージしない事

こんにちは。Jです。

今日は、トレードにおける心理状況について注意点を解説したいと思います。

ドル円の1時間足チャートを例に見ていきましょう。
例えば、102円台に突入してから買いを仕掛けたとします。

ドル円 1時間足チャート

すると、その後は上昇して含み益となりますが、
一転して急落。含み損を抱えることになってしまいます。

ドル円 1時間足チャート

この時、

「ドル円が102.36の時に決済しておけば利益になっていたのにな」

と、思ってしまった事はありませんか?

もし、そうであれば注意しなければなりません。
なぜなら、都合良く後付け解釈しているに過ぎないからです。

そもそも、ドル円が102.36の高値をつけていた瞬間は、
以下のようにチャートが見えているはずです。

ドル円 1時間足チャート

この時、ドル円は高値を更新しながらコツコツと
上昇トレンドが継続している状態。

この瞬間、102.36が天井になると判断できたでしょうか?
少なくとも、上記の例では決済せずに持ち越していますので、
そうでない事が分かりますね。

しかし、102.36が当時の天井だった事が後になって分かってから、
「その時に決済できていれば~」
と、自分勝手に都合の良い解釈をしてしまうのです。

こういうケースは、値頃感でトレードされている方に多く、
後になって当時の天井や底で利益を確定するというイメージをしてしまいます。

さらにこの後は、

「利益を取り逃した(という都合の良い解釈)から上がるまで待つ」

という風に、引くに引けない状況になってしまい、
運に任せるようなポジションの持ち方になってしまいますので、
十分に注意しなければいけません。

・エントリー前に、トレード内容をきちんと計画していたか?

・利食いや損切り目処を決めていたか?

・想定通りに動かない場合の対処は考えていたか?

など、基本的な事ではありますが、
事前にリスク管理も行う事が大切です。

エントリーした方角の値動きを期待するだけでは、
相場のアップダウンに一喜一憂してしまい、
無計画なポジション管理となってしまいますので、
自分勝手な値頃感でトレードをする事がないようご注意下さい。

あくまで、一トレーダーの見解に過ぎませんが、
少しでもご参考頂けますと幸いです。

無料メールマガジンの登録について

無料メールマガジンにご登録頂くと、
売買ポイントの受信やメルマガ限定のトレード解説を閲覧できます。

⇒ 無料メールマガジンの登録はこちら

※登録名は名字をご入力ください。「aa」や「ああ」などの名前で登録されている場合は
こちらから解除させて頂く場合がありますので予めご了承ください。
メールが受信できない場合はこちらをご確認ください。

今の順位は?ブログランキングの投票ボタンはこちら↓
 にほんブログ村 為替ブログへ

This entry was posted in メンタルや裏話など and tagged , , , , , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください