相場は一変。ジェットコースター相場にご注意下さい

※以下の記事は無料メールマガジンにて配信させて頂いた内容です。
⇒ 無料メールマガジンの登録はこちら

おはようございます。Jです。

今朝から英国民投票の開票が進んでいますが、
8時頃に相場が暴落。

ポンド円は数分で8円下落する事となりました。
10時過ぎの段階では安値を更新し、前日比12円を超える下落。

開票が進むにつれて
“離脱票”が予想以上に強い事が嫌気されています。

昨日の段階では世論調査で残留との報道が多く、
相場も上昇していましたが、雰囲気が一変。

一瞬で全てが崩される事となっています。

昨日のメルマガでも解説させて頂きましたが、
蓋を開けてみなければ分からないとはこの事です。

きちんと結果を確認し、
相場が落ち着くまで静観する事が賢明です。

そして、値動きが落ち着いたらいつも通りのトレードを行う。

その繰り返しです。

「やっぱり手を出さなければ良かった」

そういう事態にならないようにしなければいけません。

相場は今日明日消えてしまうモノではありませんので、
何年、何十年と続ける為の投資を
1日2日の荒れ相場で失う事がないようご注意下さい。

なお、これまで解説させて頂いた
英国民投票に関するタイムスケジュールや
想定される値動きにつきましては以下よりご確認頂けます。

改めてお送り致しますのでご参考下さい。

【1】英国民投票のスケジュールと取引リスク

【2】EU離脱となった場合どこまで下がるか?

【3】EU残留となった場合どこまで上がるか?

無料メールマガジンの登録

ご登録頂くと、相場情報をいち早く受け取る事ができます。
また、メルマガ限定でドル円の長期分析レポートを配信中です(4月4日版)

※メールが受信できない場合はこちらをご確認下さい。

今の順位は?ブログランキングの投票ボタンはこちら↓
 にほんブログ村 為替ブログへ

This entry was posted in 相場解説, ドル/円, ユーロ/円, ポンド/円, 豪ドル/円, ニュージーランドドル/円, カナダドル円, ユーロ/ドル, ポンド/ドル, 豪ドル米ドル, ドル/スイスフラン, 日経225, 米国株, 様子見, ファンダメンタルズ and tagged , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください