今週は豪ドル売りでした。

こんにちは。Jです。

今週も様々な材料でアップダウンしましたが、
通貨の中で分かりやすかったのは豪ドルですね。

エントリーなどの状況につきましてはメルマガでも解説させて頂きましたが、
豪ドル円、豪ドル米ドル共に売りの姿勢で月曜日のオープンからポジションを保有。

豪ドル円は86.26で、豪ドル米ドルは0.7184で
売りポジションを保有致しました。

その後、24日に安部首相の会見が予定されていましたので、
豪ドル円を83.59、豪ドル米ドルを0.6969で利食い。
様子見に切り替えました。
(様子見についての解説は24日のメルマガで解説させて頂いた通りです)

【豪ドル円 1時間足チャート】(チャートの設定方法はこちら)

【豪ドル米ドル 1時間足チャート】(チャートの設定方法はこちら)

チャート図を見て分かる通り、
その後は反発に転じて売り一服となっていますので、
今後はしばらく様子見ですね。

特に、来週は米雇用統計を控えていますので、
再び安値更新に向かうのか、反発が続くのか注目したい所。
次の展開が確認できるまでポジションは持たない予定です。

また、明日以降の相場状況を見ながら
メルマガにて解説させて頂きますので、引き続きよろしくお願い致します。

無料メールマガジンの登録について

無料メールマガジンにご登録頂くと、いち早く相場情報を受け取る事ができる他、
読者限定のトレード解説などをお届け致します。
現在、ドル円の長期分析レポートをお届け中です。
(※登録後、ダウンロードURLをお送り致します)

※メールが受信できない場合はこちらをご確認下さい。

今の順位は?ブログランキングの投票ボタンはこちら↓
 にほんブログ村 為替ブログへ

This entry was posted in 相場解説, 豪ドル/円, 豪ドル米ドル and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。